チャンネル登録はこちら→http://ur2.link/zXS9
17:16前略のコーナー
44:39ヤン娘。ホメてま川柳ホメ短歌のコーナー
1:05:21名言珍言ゆとっtter
1:10:22ヤン娘。はいやせません!のコーナー

尾形春水(モーニング娘。‘18)

飯窪春菜、新レギュラー横山玲奈
ヤンタン土曜日 2018年3月31日
MBSヤングタウン土曜日
毎週土曜日夜10時から明石家さんま
村上ショージ、飯窪春菜、工藤遥が出演
おすすめ


ヤンタン土曜日 2018年3月24日


モーニング娘。’17 尾形春水バースデーイベント2017


尾形春水 コント『尾形組VS牧野組』

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=cpZb_Fidy7Y
ヤンタンにさんタクで明石家さんま付人の木村拓哉が道重さゆみと石川梨華を祝福サプライズ

みんなの反応

  1. メンバーがそれぞれの形で尾形に気遣い見せているのが良かった。
    上手なトークを教養で成長させてまた別の形で戻って来て欲しい

  2. はーちん…寂しいな

  3. 明るい未来頑張れAaA

  4. 黄金期あたりまでは3年前後で卒業は普通なんだよね。まぁ、あの時期とは1年間の濃さの違いはあると思いますが。。。
    出来るなら残って欲しいなぁとは思う。

  5. 卒業・引退は芸能人としての未来を冷静に見つめた結果の判断で
    これは客観的に見ても、間違いないと思う。
    尾方も藤井も田口もそうだけど、人生の修正が聞く前に引退してよかったと思う。

    でも入ってすぐ卒業する人たちはアップフロントに入る事で
    自分が変われると他力本願で勘違いしてしまった人に多いような気がする。

    アップフロントはあくまでも芸能人になるためのスタート地点。

  6. はーちん何もせず辞めてく印象だなぁ。美人だし、
    ビジュアルで貢献かと期待してたのに残念。さぁ
    これからって、さんまさんも同じ感想だし。

  7. ありがとう

  8. はーちんは、いつも笑顔だから、ほんとに楽しいのかわからない

  9. 次こそ飯窪かと思ってた

  10. 「毎年一人は、」
    次は、

  11. 娘。から卒業メンバーが出る、「何かあったんか?」と突っ込むのがいつものお約束になってしまった。
    昨年からSMAPの騒動があり、「ジミー」の製作が頓挫したりと、ちょっと元気がなかった師匠。
    「せっかく芸能界に入ったのに大学行くから辞めるて、…」
    この言葉の意味は重い。芸能界の裏も表も知り尽くしているさんまには、一昔前のアイドルの実態がよく分かる。
    安い給料、激務、枕、それが当然と知って、親子の縁を断ち切っても歌手となり、スポットを浴びたいと願ったのが昔の歌手。
    デビューしてやっと歌手になったのに、3年で辞めるとか。
    SPEEDとかモーニング娘。が出る頃になって、やっと「少し待遇が改善」された。
    確かに大人たちは、年端もいかない少女にミニスカート履かせて踊らせたり、握手させて儲ける商売。
    でもそういう少女たちを守るために山崎会長らはそれなりに戦ってきた。
    彼ら自身がアイドルに夢を持っている。

    前回の浜浦出演の放送が「つまらない」とコメントしていた方がいた。
    前回は久しぶりにさんまの「軽口(辛口ではない)」が聴けた回で面白かったのだ。
    さんまが自信たっぷりに自分の芸能界での絶対的な地位をひけらかす。
    これこそ、勢いがある時のさんま節だった。だから怒る方は怒っていた。
    近年はアイドルにプレゼントを「ちゃんと約束してあげていたり」とさんまらしくなかった。
    口約束で調子を合わせて、有耶無耶にしたり、馬鹿にしてからかうのが本来なのだ。
    アイドルにもかなり厳しく泣かせるのが当たり前。最近はあやちょをS/mileage時代に泣かせてから、泣かせていない。
    だから、アイドルの引退に掛ける時のさんまの言葉は重い。うまくいかないから辞める、それで済むほど軽いものではない。フリーになるにも、事務所や会社に恩が返せたのか? 水島ヒロとか、細川茂樹とか仮面ライダーの仕事を取ったり、大河の仕事を取るために、事務所が全財産を傾け、宣伝に金を掛ける。非常なコネを使う。なのに、その投資を回収しないうちに、仕事を選んだり、独立されてはメチャクチャになる。
    「わお! それ凄いなあ、最高ね!」とおどけて、誂うのがショージの定番のギャグで、自分が馬鹿にされてることに気づいてもらわなければならないのに、最近は「はい、そうなんです!」と受け容れてしまう馬鹿が多すぎる。

    昨年からさんまも別のラジオをやり始めた。
    ジミーの配役が玉山鉄二に決まり、落ち着きを取り戻した。
    分かっていてボケてるなら、演じているならいいのだけれど。

  12. 大学で何がしたいかがはっきりしていれば納得するんだけど…なんだかただ大学にこだわってアイドルを捨ててしまうのはもったいないと思うなぁ

  13. 芸能界を目指して人生かけて生きてきた人の重い言葉だな

  14. はーちん、この話は笑い混じりじゃなくて真剣に聞くべきでは?

タグ一覧

関連記事