ビートたけしさん(71)が出演する「帯番組」が、期間限定で放送されている。 その名も「いきなり、たけしです。」(テレビ東京系)。2018年11月12日から18日までの1週間、夕方のわずか3分間の番組だが、その短さとは思えない濃さがある。13日放送分には、前日本ボクシング連盟会長の山根明氏が登場し、そのやり取りが注目されている。 「男は生きてる限りね、『野望』いうのを持ってますよ」  たけしさんは2017年10月、自身が監督する「アウトレイジ 最終章」の宣伝のために、テレビ東京で月曜から金曜まで、朝7時台の30分生放送に出演した。「おはよう、たけしで すみません。」と題されたこの番組は、「犬猿の仲」とされる爆笑問題・太田光さんと、浅草キッド・水道橋博士さんの共演や、たけしさんのドタキャンなどで注目を集めた。  それに続く、今回の「いきなり、たけしです。」は、テレビ東京の55周年企画「テレ東ぜんぶ見るWEEK」の一環として組まれている。同局の人気番組を連日パロディー化しており、初日(12日)は「YOUは何しにテレ東へ?」と題して、テレビ東京の局舎前にやってくる「YOU」にインタビューする企画を放送した。  そして2日目には「ありえへん∞世界」のオマージュ、「ありえへん世界の対談」として、「世界が認めた映画監督」であるたけしさんと、「世界の山根」の対談が組まれた。たけしさんは、山根氏に続々と質問。会長復権をねらっているのではとの問いには、「男は生きてる限りね、『野望』いうのを持ってますよ」と返し、たけしさんが「俺が男になったな」と思った瞬間を聞くと、「僕は13(歳)です」と回答するなど、辞任後も変わらぬ「山根節」を披露した。  ツイッターでは、番組放送中から、  といった反応があった。 最終日には池坊保子氏とバトル?  なお残りのラインアップもすでに発表されている。テレ東公式サイトの番組表によると、14日は「ビートたけしのTHEカラオケ★バトル」と題して、引き続き山根氏が登場。山根氏の「熱唱」に加え、出演者の欄には宮崎謙介氏、金子恵美氏の名もあるが、「ゲス不倫」で話題になった元衆院議員夫妻のことなのだろうか。  15日は「北野武とテレ東の社長」、16日は所ジョージさんについての暴露企画「ビートさんの学校では教えてくれない本当の所」、17日は出川哲朗さんにドッキリを仕掛ける「北野武の感電させてもらえませんか?」といった具合だ。  そして最終日の18日は、人気番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く」ならぬ、「池坊にぜんぶ聞く」と題して、池坊保子氏に質問するという。おそらく、かつて日本相撲協会の評議員会議長を務めた池坊氏のことだと思われる。  たけしさんは17年12月、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、元日馬富士暴行事件をめぐって池坊議長(当時)と舌戦を繰り広げ、ネットでは「たけし激おこやで」「たけしが怒るって珍しい」といった声が出ていた。今回は、その再戦となるのか――。

タグ一覧

関連記事